バスのハウスクリーニングについて

バスにおいてもお任せください!

HOME >バスのお掃除

バス(お風呂)は癒しの空間です

お風呂は気持ちよく入って疲れをとりたいですね。

いつもキレイに保ちたい場所ですが、気づいたら落ちない汚れがついていたという方が多いです。

なぜならば、水回りの中でも湿気が多く、結露からくるカビ等の汚れが付きやすいからです。

主なバスルームの汚れ

以下の数種類が原因として考えられます

  • 人体から出る皮脂や油脂
  • 石鹸カス、水垢
  • 黒カビ、赤カビ

特にカビは小さなお子様のいるご家庭では気をつけられていると思います。しかしながら水を使用する所なので、発生そのものを抑えることは限りなく不可能かもしれません。

そして、この数種類の汚れにはそれぞれ洗剤をチョイスします。

バスルームのお掃除方法

流れは以下の通りです
浴室前をブルーシート等で養生します
お客様の私物(シャンプーやボディーソープ等)を一旦、外に出します
浴槽のエプロンが外れる場合は外します
換気扇のカバーを外します(埃がひどければ落としておきます)
排水溝のふたやカバーを外して漂白剤につけておきます
汚れによりバケツに除菌漂白剤を適度に希釈します
全体に塗りこんでいきます(特にカビが生えている箇所は念入りに天井や床や扉も忘れずに塗りこみます)
しばらく放置する間に換気扇のカバーを洗います
適度に時間を置いてからキレイに流していきます
次は酸性のバスクリーナーを汚れがひどい所から塗りこんでいきます(汚れが硬い所は少し長めに放置時間を取ります)
傷が入らないスポンジやパットで磨いていきます(落ちない汚れは再度バスクリーナーを塗布します)
蛇口にも酸性バスクリーナーを塗りこんでメラミンスポンジ等で傷をつけないように磨きます
汚れがひどい場合はクレンザーを使用したりします
扉のプラスチック部分が石鹸カス等で白く汚れている場合はブラシを当てます
カリカリになっている汚れも洗剤でふやかしながら取っていきます
床面は黒ずんでいることが多いので落ちるまで何度も洗剤を塗布して磨きます
鏡がうろこ状の汚れが付いている場合は酸性洗剤を塗布して傷が入らないように擦ります
汚れ具合に応じて、クレンザーやダイヤモンドパッドを使用します
洗剤をシャワーでキレイに流し、漬け込んでいたものをキレイに洗います
濡れたままだと汚れの残りがわからないので水分を拭き上げ、残っている汚れがないか確認します
お客様に作業の確認をしていただきます
OKをいただけたら私物を元に戻して終了です

所要時間は2~3時間

汚れ具合やバスルームの大きさで多少前後いたします。

バスルームの汚れが気になる方はぜひ、ご検討くださいませ。皆様のご依頼お待ちしております。

PAGE TOP