ハウスクリーニングにおけるブラシの位置づけ

使い方さえマスターすれば、綺麗にすることが可能

HOME >プロの技 >ブラシ

プロが考えるブラシの使用方法

ハウスクリーニングの道具の中で、ブラシは数種類使い分けます。

窓ガラスを洗うときは、洗車ブラシのような大き目が使いやすいです。一度にたくさんの面積を洗うことが出来ます。また、水分をよく含んでくれるので洗剤の塗りこみにも適しています。

対して、キッチンの換気扇のフィルターや細かい部品を洗ったりする時には、小さめのブラシをよく使用します。理に適っており、大変便利です。一般の家庭では使用済みのハブラシを使っている方も多いようです。

ベランダや玄関の土間などの水が流せる場所は、デッキブラシが適しています。洗剤を撒いて全体をこすっていき、水で洗い流すと綺麗になります。

ブラシといってもピンからキリまで

100円ショップのブラシも意外に様々な用途で使用できます。端と端に毛がついていて、やわらかいのと硬い毛がついている商品があります。用途に合わせてやわらかさを選んで使用します。

その他、ズック洗い用のブラシも売っています。このブラシは非常に硬いので力をこめたい箇所に適しています。浴室の水アカが硬めな場所やキッチンの油が硬くなっているところにも使えます。

1本1000円位する高価なブラシも

金額が違うだけあって100円の物とは持ちが違います。

このくらいの金額になってくるとこれじゃなければ駄目だという拘りのファンがいます。色々と使えるブラシですが、下手くそな方が使うと、すぐに使用できなくなってしまいます。毛があらゆる方向に曲がって非常に使いづらくなります。逆に、上手な人が使うと、均等に毛が減ってゆくので長持ちします。

このように、人それぞれ使いやすいものは異なります。自分に合うブラシに巡り会うことが、腕を上げる近道です。我々にとって、道具選びは技術力を上げる第一歩であり、大変重要なお仕事のひとつです。

PAGE TOP