ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニングとは知識と経験とまごころです

HOME >ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニングに対する当社の考え

概ね、マンションやアパートや一戸建の個人宅の清掃です。

ハウスクリーニングには種類があり、大きく専門型と家事代行型に分けられます。

専門型とは、素人では落とせない汚れを徹底的にクリーニングします。比較的年式の新しいものは新品のように甦る場合もあります。尚、専門型の業者に依頼する方は下記のような方です。

  • 個人のお客様が年に一度年末大掃除として利用
  • マンションやアパートのオーナーや管理会社が入居者の入れ替え時に利用
  • 不動産会社が売り物件のオープンハウス前に利用

家事代行型とは家政婦さんのように日常的な清掃

掃除機を掛けたり、埃などを除去したりと比較的簡単な清掃です。

週に何回などご家庭に合った契約が出来ます。家事代行型の業者に依頼する方は下記のような方です。

  • 共働きで家事をする時間が無い方
  • 高齢や病気で家事や掃除が出来ない方
  • 単身赴任や独身の男性の独り暮らしの方

少し話が逸れますが、以前、バイクで事故に遭われたお客様のお宅にお掃除で伺ったことがあります。交差点で直進している時に車が右折してきたそうです。骨折などの痛々しい怪我をされていましたが、その時は損害保険により、保険会社への請求対象となった模様です。そんな特約もあるんだと感心したのを覚えています。

思い返し…昔はハウスクリーニングという言葉はありませんでした。掃除や家事を人に頼むなどという考えがなかったのだと思います。私の聞いた話では、全国的に展開しているダスキンが広めた言葉だそうです。

さて、その時の記憶を辿ると…お風呂掃除とキッチンと換気扇のお掃除だったと思います。私がキッチンと換気扇を担当し、もう一人が浴室クリーニングをしました。

さらに、その時お邪魔したお宅での話ですが、核家族化や高齢化社会に伴い、掃除もままならないような状況での中、掃除の依頼は、今の時代必要不可欠であると感じました。実績としても…ご年配の方の依頼も増加しています。

さらには、女性の社会進出もあり、ハウスクリーニングは身近なものになっています。また、母の日や敬老の日にプレゼントとしてハウスクリーニングを選ばれる方も増えています。

ぜひ、有効にハウスクリーニングを利用していただいて時間を節約していただきたいです。尚且つ、痒い所に手が届くような仕事をしていきたいと…常々思います。例えば、高い箇所や隅の方や狭いすき間等々…

なお、やはり経験から自ずと身につくコツというものもあります!

PAGE TOP