壁やクロスはお掃除のコツがあります

壁紙のお掃除方法は傷つけないように行います

HOME >カビ >

壁紙のお掃除におけるポイント

勿論、様々な汚れの種類がありますので、都度その対応も異なってきますが、原則、先にぬるま湯で濡らすと汚れ落ちも良くなります。

例えば、最近では高温の高圧洗浄機もあるように、塩素系漂白剤など洗剤の力以外にも温度により汚れを落としやすくするという環境にも良い方法がとても好まれているようです。

また、カビ以外にも、タバコのヤニ・油汚れもついていますが、あまりごしごししすぎないで、軽めで擦ってあげた方が表面を潰すことにもならないためおすすめの手法となります。

金属製のもの、メラミンスポンジは余計に悪化させてしまう可能性もあります。

環境にもやさしい重曹はおすすめです

重曹は特に近年、リーズナブルで環境にもやさしい洗剤として使われることが多くなりました。成分は弱アルカリ性であり、分解力においても抜きんでているようです。

なお、先ほどご紹介したお湯とセットで使用すると、さらに分解力を高めることができます。住宅の汚れの多くは酸性なため、分解するにも中和という化学反応が起こる為、丁度良いのです。

このように、化学変化の内情も把握し、上手に利用すると汚れを落とすことにおいて、とても綺麗になることが多いです。一度お試し頂いては如何でしょうか。なお、塩素系は劣化の要因になる場合もありますので、くれぐれもご注意ください。

PAGE TOP