ハウスクリーニング依頼=トイレ清掃

トイレは綺麗に保ちたい場所のひとつ

HOME >トイレ

トイレの神様を意識

数年前にトイレには神様がいるという曲がヒットしましたが…

一般家庭でもそうですが特に商売をしてお客様がくる飲食店などは、料理がおいしくてもトイレや店内が汚いともう一度行きたいとは思いませんよね。

水回りではあるのですが、このように住まいに例えるならば玄関口、体に例えるならば顔のように、人を判断される重要箇所としても知られています。会社社長が率先して掃除する場合もあるようです…

トイレ汚れの状態は?

主にトイレに付く汚れは尿石、黒ずみ、水あか等があります。

特に尿石は放っておくと石のように硬くなってしまい、薬品を使用しないと落とせなくなってしまいます。

掃除のプロが考える重要箇所について

尿が当たる便器の内側につきやすいです。なお、男性が使用するトイレは便座と便器の間につきやすいので注意しましょう。

トイレ掃除の手順をご説明

お掃除の基本は上から下になります。

まずは天井を見上げると換気扇と照明器具があると思います。換気扇はカバーを外し内部の埃を掃除機で吸うか刷毛などで落としましょう。カバーは汚れが軽ければ拭き清掃、酷ければ洗剤を掛けて水で洗い流します。

照明器具も汚れが酷ければ外して洗い、軽ければ拭き清掃します。ペーパーホルダーもトイレットペーパーを外して拭き清掃します。

次に本格的に便器の清掃に入ります。

汚れの付き具合を見て、酸性の洗剤で漬けおきしますが、手洗いの方からやっていきます。手を洗った水がそのままにされる場所なので水あかが付きやすいです。

洗剤で柔らかくしてすり落としていきます。水が出る金具もキレイに磨きます。タンクの側面は拭き清掃していきます。

便器のふたや便座は傷が付きやすいので硬い物で擦らないようにしましょう。便器と便座が重なっている部分は真下にねじがあります。手で回せるようになっているので外してしまいます。この部分は普段見えないし、手が入らないので臭いの原因になる尿石が固まっていたりします。

ウォシュレットが付いている場合は便器と密着している所をずらせるようになっています。同じように尿石が付きやすいので注意してやりましょう。

便器の内部をやっていきます。

内側の淵にカビや尿石がつき黒ずみやすいのでしっかりやります。側面も尿が垂れたりしますので拭き清掃していきます。ドアも埃がたまったり水滴が飛んだりしていますので拭きます。最後に床を拭いて終了です。

貯水タンク内部の洗浄・カビ取り

事前お打合せ・ご要望に応じ、当社では普段見えない貯水タンクの内部もお掃除させて頂きます。お気軽にご相談ください。あまり知られていませんが、カビが発生するポイントでもあるのです。なお、一体型など種類によってできない場合がありますので予めご了承ください。

経年して取れなくなった汚れはプロに頼んでリセットしましょう。こまめにお手入れすれば簡単に維持できます。

PAGE TOP