当社からの注意点を案内

きちんと注意すべき点が多くあります

HOME >サービス >注意点

清掃をご検討中のお客様へ注意点

現在、ハウスクリーニングという言葉は浸透しつつあります。

しかし、まだまだ認知度は低いと認識しています。都市圏では当たり前でも、田舎に行けば行くほど掃除は自分でするものという考えがあります。しかしながら、プロでしかできない事も少なからずあるようです…

大変便利な事から、忙しい方々に利用していただきたいのですが、業界内ではトラブルも多発しているようです。それは、素人でも参入しやすいことにあります。しかしながら、実体は異なるのです。そこにはプロの技が不可欠です。

実は、自宅を事務所にして道具を積む車があれば1人でも開業できるのです。某フランチャイズの清掃会社も加盟者を随時募集しています。先月までサラリーマンだった人が今月開業ということもありえるのです。

ここで気になるのが、その実力ですが、研修はあるでしょうが、特にハウスクリーニングは、各家庭により設備が全く異なります。洗剤一つにしても、この素材には使用できるがこちらの素材にはNG等々…経験がものをいう仕事になります。

行き届いた掃除は誰にでもできるものではない

誰にでも出来る掃除というのは比較的簡単な作業になります。

ハウスクリーニングは兎にも角にも…経験と知識と技術が必要です。今日から人を雇いました、即戦力というわけには行きません。お客様の前に出すまでに清掃箇所にもよりますが、数ヶ月から数年かかります。一定の育成期間をかけて先輩に助けてもらいながら一人前になっていきます。

逆に、経験の無い作業員が掃除して、クレームやトラブルが皆無であるという事は到底考えにくいものです。

ここまで書いていると…フランチャイズが悪いと感じられるかもしれませんが、ただそうとも言い切れない部分もあります。当りはずれがありますが、作業する人により仕上がりが全然違うと思います。

つまりは人ありきです。どのような業界の業種でも言えることですが、殊に私共の業界では、顕著に表れやすいのです。当りの方が来てくれればものすごくキレイにしてくれます。

業者選びのコツ

その1:地元で長くお掃除のみをやっている所が一番いいのではないでしょうか。

その2:リフォームもやってます、ミネラルウォーターの宅配もやってますよりはお掃除一筋の業者の方が信用できます。

お掃除だけで食べていけないから他の業種をやるわけですよね。私の周りの同業者を見てもわかります。手が良く、仕上がりの良い人ほど毎日忙しくしています。他の業種をやっている暇はないのです。

その背景を読み解き、業者選定を行いましょう。

PAGE TOP